【ニュース】東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制

よすが結婚相談所、所長の立川です。

今朝こんなニュースが飛び込んできました。
東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制
東京医科大が女子に不利になるよう点数を操作していたという大変な事件です。

医師の数や医療に関する諸問題は非常に複雑なため私がここで言及することはしません。
ですが「医師の結婚」という切り口で見ると非常に興味深いデータがありますので、今回はそれをご紹介したいと思います。

5年に一度行われている「国勢調査」という大規模な国の調査があるのですが、その調査結果から「職業ごとの生涯未婚率の違い」が分かるそうです。(注1)
そこで同じ職業で男女の違いをみると、医師の生涯未婚率は男性9.4%に対して、女性18.9%と10ポイント近い差があります。ちなみに女性の方が相対的に男性より生涯未婚率が高い職業は他にも「研究者」「写真家・デザイナー」「営業・販売」などがある一方、男性の方が生涯未婚率が高い職業は「接客・給仕」「ビル管理者」「包装」などが挙がっていますね。

男性のお客様に「女性医師との結婚なんてどうですか?」なんて半分冗談半分真面目に聞くと「いやー、良いと思います!」と仰る方は結構多いんですよね、実は。反対に女性医師のお客様は、なんというか、男性をみる時のお目が高いように感じます。とはいえ生涯未婚率18.9%は女性全体の14%と比べると高い数字ですから、男性からすると女性医師は(もちろん結婚できるかどうかは別として)狙ってみる価値があるんじゃないかなと思います。

個人的な感想ですが、女性医師って知的で自立していて、素敵な方が多いですから。

よすが結婚相談所へのお問い合わせはこちらから

注1 データえっせい「職業別の生涯未婚率(2017年)」より
https://tmaita77.blogspot.com/2018/07/2017.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket