【ニュース】ブロガーのはあちゅうさんとAV男優のしみけんさんが事実婚を発表!

ブロガーであり作家のはあちゅうさんと、AV男優のしみけんさんが事実婚を発表されました。

いやぁ、これは驚きました。

はあちゅうさんと言えばネット、リアルを問わず様々な問題提起をし話題を提供してくれるブロガーさんです。#metooムーブメントの中でかつて自身が受けたセクハラを公表し、議論を巻き起こしたことも記憶に新しいですね。
個人的な話で恐縮ですが実は私、はあちゅうさんと同級生でして、学生時代に運営に関わっていたイベントで一度だけお世話になったことがあり、それ以来彼女のゆるいファンです。

一方のしみけんさんは本業の他にも執筆などでもご活躍されていて、知性派AV男優として知られている方です。AV業界のクイズ王なんていう異名もお持ちです。
しみけんさんの書かれた記事やインタビューなどは私も好きでよく拝見しているのですが、人の気持ちや自身の仕事論など、ふわっとしたものの言語化がとても上手な方という印象があります。

お二人に共通しているのが、自身の立場から今の社会の常識に疑問を投げかけてみたりする姿勢とか、その中でも言葉をとても大切にしていることだったりして、そういうところがお似合いだなと思います。婚姻届を提出しない「事実婚」という形式もまた、お二人らしいなと感じます。

私が常々言ってることなのですが、結婚っていわば「社会通念も含んでパッケージ化された法的身分制度」なんですよね。この「社会通念」の部分が実はとても大事で、例えば「私たち結婚しました」と報告すれば、周りの人は「ああ、この二人は(大体)私たちが思っているような結婚生活をおくるんだな」と諸々瞬時に理解します。一方で「事実婚です」と言うと、周りの人は「相手の親とはどういう関係に?」「苗字は別々のまま?」「一緒に住むの?」「二人の間に愛はあるの?」などなど多くの疑問を抱くことになります。
逆に言えば事実婚のメリットはまさにそこで、社会通念を含んでいないということは、その部分は自分たちで自由にデザインできるんですよね。もちろんデザインする分の労力がかかりますが、今の婚姻制度は自分たちに合わない、不満がある、と考えるカップルにとって事実婚は前向きな選択肢になるのではないでしょうか。例えば今は様々な分野において自分の名前で活躍する女性が増えたことなどを背景に「結婚してどちらかの(本名の)苗字に統一しなくてはならないのは困る」と考えるカップルが増えています。この問題は普通に婚姻届を出した上で「通名使用」により乗り越えるカップルも多いのですが、いわゆる「夫婦別姓」を忠実に実行するためには現状、選択肢は事実婚一択となります。(このあたりの話について今度7月29日にサイボウズ様でお話させていただく機会をいただきましたので、もしご興味があればぜひご参加ください)

というわけで苗字のことも含めて、はあちゅうさんとしみけんさんがふたりの結婚生活をどうやってデザインしていくのかは大変興味深いので、二人からの発信を楽しみにしつつ、お祝いしたいと思います。

はあちゅうさん、しみけんさん、ご結婚おめでとうございます!

よすが結婚相談所へのお問い合わせはこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket