ゼクシィのCMが本当にすごすぎて拍手するしかない

(画像引用元:ゼクシィ http://zexy.net/)

こんにちは。よすが結婚相談所、所長の立川です。

今テレビで放送されているゼクシィのCM、みなさんはもうご覧になりましたか?
本当に素晴らしいので、見ていないという方はまずはこちらをどうぞ。

いかがでしょうか。

『結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです』

僕はこのフレーズを初めて聞いた時、大げさでも何でもなく、本当に感動しました。

よすがの根幹の仕事は端的に表現すると「結婚したい人が結婚できるようにお手伝いすること」です。加えて昨今の日本の状況を鑑みると「結婚の良い部分について知らない人に対して、それをきちんと伝えていくこと」ことも婚活サービス業に求められる大切な役割ではにないでしょうか。
ただ前者はともかく後者はとても繊細な話で、気をつけないと誰かを不用意に傷つけてしまう危険性があります。とはいえこれは社会から求められている大切な役割であり「リスクがあるから」「面倒だから」という理由を乗り越えてでもやらなくてはいけないことだと僕は考えています。
そうやって「誰も傷つけずに多くの人に、結婚の素晴らしさが伝わる、結婚したいなと思ってもらうにはどうすれば良いのだろう」と日々悩んでいたところにこのフレーズです。さすがはウェディング業界をリードするゼクシィさんで、もはや長年に渡ってトップに君臨し続ける”風格”のようなものすら感じます。すごい。

このフレーズの構造を僕なりの理解で分析すると前半で『結婚しなくても幸せになれるこの時代』と、ちゃんと全ての人の生き方を肯定した上で、後半『私は、あなたと結婚したいのです』と、”自分の意見として”結婚を強く肯定しています。
過去にここまで誰も傷つけず、結婚の幸福感を伝えたフレーズが存在していたでしょうか。本当に素晴らしいと思います。

「なにも行動しなければ結婚する時代」から「なにも行動しなければ結婚しない時代」に、いつのまにか変わっている昨今です。もちろんそうでない方も多くいらっしゃいますが、現代における結婚は”積極的な選択”と捉える方が的確な気がします。

ドラッカーというアメリカの偉い経営学者はこう言いました。
「『何もしない』という選択も、立派な意思決定である」と。
綺麗事かもしれませんが、生き方を自由に選択できる時代だからこそ、みんなが素敵な人生を歩めればいいなと思うのです。
そしてこの仕事をしている人間としては「結婚」をポジティブに捉えて自由な選択の結果として選んでくれる人が増えたら、こんなに嬉しいことはありません。

「結婚を選んでくれたら嬉しいな」と思っている所長に興味を持ってくれた人にはこちら。
よすが結婚相談所の入会説明応募フォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket